BS/CSアンテナ取付・点検・調整|アンテナ工事栃木


 

BS/CSアンテナに関する各種料金について

BS/CSアンテナ取付というと、BS/CSが見られるまでの一切の工事と思われるのはごもっともの事と思います。誤解がありませんよう、ここでは料金体系をわかりやすく記載させていただきます。

工事には短時間で作業を終えることが出来るものから、数時間かかるものもあり、設置場所の状況により作業量は様々です。

「ベランダまで配線してあるのでBS/CSアンテナの取付だけをお願いしたい」、「アンテナの方位・角度が変わってしまったので調整して欲しい」というご依頼には作業時間がそうかかりません。

しかし、BS/CSアンテナ取付からケーブル引き回し、屋内への引込(通線)、テレビまでの配線、テレビの受信設定までとなると1~2時間を要すことがあります。

そこで弊社ではリーズナブルな基本料金を基に、現場に応じて発生するであろうと思われる各種工事を追加工事(部材・工賃)として別途ご案内させていただいております。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

  費 用 補    足 備    考
基本取付料金 7,000円 BS/CSアンテナ取付のみ
BS/CSアンテナ方向調整のみ
取付&方向調整
BS/CSアンテナ点検点検
(すべて取付け箇所がベランダの場合)
壁取付工事費別途。屋根上/柱上取付・点検別途。BS/CSアンテナ本体別途・部材別途・配線(通線)工事別途。
配線工事 +3,000円 木造壁貫通(通線)含む。15mまで。 ケーブルは別途です。コンクリート壁貫通は別途です。壁貫通部の防雨入線カバー別途。
アンテナ線
同軸ケーブル
S-5C-FB
300円/m    
壁面取付 +3,000円 モルタル、サイディング、ALCの場合 コンクリート壁、タイル壁取付は別途。BS/CSアンテナ本体別途・金具・配線工事別途。
屋根上の地デジアンテナ支柱への取付 +2,000円 既設地デジアンテナ支柱への取付になります。 BS/CSアンテナ本体別途・部材別途・配線(通線)工事別途。
特殊な場所の取付/調整 ご相談    
       

BS/CSアンテナ取付
(アンテナ込み)

(ベランダ取付の場合)
標準 25,000円
4K・8K
対応
28,000円

★お申し出のない場合
標準になります。

BS/CSアンテナ付。基本工事、ケーブル、ベランダ取付金具、配線(通線)工事込みのお得なおまかせプランです!リビングとか一部屋のみで視聴する場合におすすめです! 特殊な状況では別途追加料金がかかる場合があります。
       

BS/CSアンテナ取付
UHF・BS/CSブースター取付
(アンテナ&ブースター込み)
(既存地デジアンテナ支柱へ取付の場合)

標準 60,000円
4K・8K
対応
65,000円

★お申し出のない場合
標準になります。

BS/CSアンテナ付。基本工事、ケーブル、UHF・BS/CSブースター付き、工事込みのお得なおまかせプランです!現行のUHF専用ブースターをBS/CS対応のものに交換することですべてのお部屋でBS/CSが視聴できます!(注1)
※混合器(ミキサー)を使う方法もありますが、受信が不安定になる場合がありお勧めできません。
特殊な状況では別途追加料金がかかる場合があります。
部屋数に応じて別途分波器をご用意ください。
※各料金は出張費および消費税別です。※BS/CSアンテナはBS・110度CSアンテナを指します。※料金は予告なく変更する場合があります。
(注1) 4K・8K放送に共聴対応するためには既存のシステムを変更する必要があります。(例:分配器・直列ユニット(壁コンセント)・分波器・TVケーブル・プラグなど要3224MHz対応)

 

 


アンテナ故障?ブースター故障?ケーブル断線?接触不良?

無いとは言えませんが経験上テレビの故障は極稀です。
多くがアンテナ関連の不具合に依るものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「テレビのアンテナプラグが抜けていた」などの簡単なケースを除き、不具合箇所診断・発見は一般のお客様には難しいです。点検箇所が高所だったりしますので修理はプロにお任せください!

◯ご自分で出来ること
 ・アンテナプラグの緩みや抜けの確認
 ・ブースター電源のON/OFF確認
◯プロの主要点検項目
 ・アンテナ直下レベル(ブースターへの適正入力レベル)測定
 ・ブースターへの通電状態(電圧測定)
 ・ケーブルの各接続部の状態や導通、接続機器(ブースター/分配器)の動作確認
 ・電波(信号)の質を測定(MER/BER)など

 

アンテナ故障?ブースター故障?ケーブル断線?接触不良?

無いとは言えませんが経験上テレビの故障は極稀です。
多くがアンテナ関連の不具合に依るものです。

「テレビのアンテナプラグが抜けていた」などの簡単なケースを除き、不具合箇所診断・発見は一般のお客様には難しいです。点検箇所が高所だったりしますので修理はプロにお任せください!

 

◯ご自分で出来ること
 ・アンテナプラグの緩みや抜けの確認
 ・ブースター電源のON/OFF確認
◯プロの主要点検項目
 ・アンテナ直下レベル(ブースターへの適正入力レベル)測定
 ・ブースターへの通電状態(電圧測定)
 ・ケーブルの各接続部の状態や導通、接続機器(ブースター/分配器)の動作確認
 ・電波(信号)の質を測定(MER/BER)など

 

 

よくあるご依頼内容

Q1:急に衛星放送が見えなくなりました。
A1:テレビの裏のお掃除で配線に触りましたか?プラグの抜けが無いかチェックしてください。ブースターの電源がある場合、モニターランプは点灯していますか?
レコーダーなどの機器を含めてアンテナケーブルの入出力接続をチェックされてください。入力/出力が逆になってたりしませんか?
また配線を変えた場合元に戻してみてください。
全く配線類を触っていない場合別の原因が考えられますので点検・修理をご依頼ください。
Q2:最近特定のチャンネルでモザイク状のノイズ(ブロックノイズ)が出ます。
A2:アンテナプラグの緩みはありませんか?パラボラアンテナに衝撃を与えませんでしたか?方位や仰角が変わってしまうと正常に受信できなくなります。BS/CSアンテナがベランダにある場合ご自分でも調整可能ですが、屋根上でアンテナの支線(針金)が緩んでいたりすると基礎部分(屋根馬)がずれたりしてBSアンテナの方向が変わってしまうことが多々あります。ご自分で解決できない場合は点検・調整をご依頼ください。
Q3:BS/CSが映ったり映らなかったりします。
A3:ケーブル接続部の接触不良が考えられます。それが屋根上だったりすることが多いです。この場合自然回復は望めません。高所のため大変危険ですのでご自身で直そうとしないで点検・修理をご依頼ください。
Q4:特定のBSが映らない、またはCSが映らない。

A4:宅内のケーブルがBS/CSに対応していない場合が考えられます。同軸ケーブルの張替えや関連機器(ブースター/分配器/テレビ端子など)の交換が必要な場合があります。

 

 

《参考》
ご自分でパラボラアンテナの向きを調整する 衛星アンテナ方位角・仰角・偏波面傾き角一覧 (抜粋)
BS,110度CS放送チャンネル一覧を見る BS/110度CS放送チャンネル一覧

 

▼4K8K今後の放送番組と予定

DXアンテナより転載

 

◎アンテナ工事/点検/調整/修理等ご希望の方は・・・
はじめにご予約をお願いいたします。

   

栃木のテレビ受信不具合点検・修理・調整のお申込みはご予約カレンダーからどうぞ

 

 

 

 

 

 


Share
電話をかける